別ポーズでペイント

ピクセルペイントならではな小ネタをひとつ。

アニメーション前提だと肘、膝、脇など変形の多いところは

「変形後」の形を確認しながらペイントしたいですよね。

 

そんな時はポーズ変えたobjを一度に出してしまいましょう。

(つまり同じUV、同じテクスチャの別ポーズモデルを複数出力)

読み込む時にUVセットがテクスチャ枚数と同じになっていればOK!

「UV保持」のまま読み込みましょう。

こんな感じでポーズ変えたのんが両方出ます。


サブオブジェクトのポップアップを出すとモデルが二つ出てますね。

でもテクスチャ(UVセット)は共有しているので同時に描くことができます。

↑このモデルは頭の左右でもUVを共有してるので4箇所同時に描かれてます。

ダブって見づらい場合は「サブオブジェクト」のオブジェクト管理で目アイコンをオンオフして片一方を消すか

「スカルプト」ルームでかたっぽのオブジェクトを選択→移動でずらしちゃいましょう。

便利!

UVが重なっててもテクスチャが共有されててもお構いなしに描けちゃうピクセルペイントならではの小ネタでした。

広告
  1. Wholesale nfl jerseys supply reviews,the population team and players from china best and largest online store.

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。