3.5.15ベータ版リリース

おとといぐらいに3.5.15ベータがリリースされました。

3D-Coat 3.5 updates thread – 3D Coat Forums

3.5.15 [beta, not verified]

  • リトポ→クローンパーツにするメッシュの選択(Select [faces] to clone parts of mesh.) という関数を作りました。
  • リトポルームの新しい変形ツールを使うと、リトポメッシュ全体や部分を変形することができます。
  • EパネルでEPSフォーマットの形態(シェイプ)をインポートできるようにしました。
  • 不用意なTAB押下による対称軸の動きを防止するため、対称パネルに「対称面を固定」チェックボックスを装備しました。
  • さらに、TABで対称面を移動している際にAlt-TABが干渉しないようにしました。
  • 目立つ継ぎ目が出ないように、スムースツールを少し改良しました。さらに背面のためにノイズっぽい面の原因になる刺(スパイク)を取り除きました。
  • CUDAモード時、ボクセルストロークの形がより綺麗になるように改良しました。BUILDツールが時々汚い結果を出す原因を突き止めたのです。
  • メモリ管理周りで自負に足る大きな成果を上げました。多数のリークを見つけました。結果、数時間3DCoatで作業し続けたときの速度と安定性が向上しました。
  • 3.5.14BにおけるFBX書き出しの際のクラッシュを直しました。しかし大きなメッシュの書き出しはまだとても遅いです。いずれ最適化の予定。
  • 巨大メッシュのエクスポート時の穴を塞ぐ動作の安定性向上。
  • テクスチャベイキングツールの安定性を改善。
  • 2Dモードテクスチャエディタがノーマル/バンプを線描画で壊れる問題を解決。
  • テクスチャエディタでUVアイランド外の領域でフリーズ解除が正しく動作しないことがあるのを修正
  • クラッシュの際、64ビット版は(私が原因を発見するのに)とても便利なバグレポートを生成するようにしました。
  • 実はこれまで64ビット版が生成するバグレポートはcallstackを記録してなくてほとんど役立たずでした。

    ユーザの90%は64ビット版を使っているので、バグレポートを深く分析できなくて情けなかったのですが、解決しました。

 

以上、@yinoiさんのアンドリュー翻訳を引用させていただきました。ありがとうございます!

!注意!

今回のアップデートにブラシ挙動のバグが見つかりました。

ベータ版ということで安定性などは保証できないところが明記されていますのでバグ上等という人柱の方以外はインストールを控えたほうが良いでしょう。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。