ブラシについてのアレコレ

ブラシについて小ネタですー。

小ネタだけど書き味に関わるのでチョト大事。

 

●3.5.04ベータから書き味が大幅に変わりました。

ちょっと前の話ですけどブラシエンジンが変わったのですー。

↑上が新しいほう。下が古いほう。全然違う!

ちなみにこれが適用されてるのはペイントモード(マイクロもピクセルも)の深度。

それとサーフェスモードのボクセルでの「sf押し出し」になってます。

滑らかだし全部新しいほうでいいやん!かと思ったらそうでもなくて…。

角張ったブラシカーブの場合だとこんな結果に。

上が新しいほうで、下が古いほう。

古いほうの超シャープなのがイイ!という場合もあるので

「ブラシ設定」の中の

「Sharp shape」のどっちかをつけてあげて古いブラシエンジンにしてあげましょー。

上のSharp~のチェックは選択中のブラシのみで、下のチェックは全部のブラシに対してのチェックになります。

●焦点レベル

何故かデフォではオモテに出てないパラメータ、それが焦点レベル。

環境設定の中にある「上部パネルに”焦点レベル”を表示」にチェックをつけてみましょー。

すると焦点レベルパラメータが出てきます。

たとえばこんなブラシカーブの場合

焦点レベルを50%にすると…

お、膨らんでますねー。

じゃあ逆に-50%にすると?

とこんな変化が出てきます。

特にこの-50%は皮膚のシワとかに便利ですよ!

ちなみに画像ブラシでも変化があります。

たとえばこんなブラシがあったとして

これに50%やるとー

やっぱり膨らみました!

-50%だと

キューっと狭まった感じですねー。

これは下図のような台形ブラシの場合に幅の比率を変えたりできて便利です。

↑焦点レベルだけ変えた同じブラシ。

●深度の「加算描画」(ペイントモードのみ)

デフォではオンになってますねー。

この状態でXを書いてみると

交差したトコが倍の深さになっちゃいますねー。

「加算描画」をオフにすると?

深度の深さがばっちり一定ですね!

メカのパネルの彫りこみとかに便利!

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。