フォトショとの連携

Photoshopとの連携ネタをちょこちょこ。

 

●Photoshopでテクスチャ編集

レイヤーとかphotoshopに近いトコがいろいろありますけど

描く物によってはやっぱりフォトショでやりたいなーってのもあると思います。

そんなときはCtrl+P(あるいは編集>外部エディタで全レイヤーを編集)

すると勝手にPhotoshopが立ち上がって編集中のテクスチャが表示されます。

レイヤー構造もばっちり読み込まれてますし、フォトショがわでレイヤー増やしてなんか描いたり名前かえたり乗算とかに変更してもオッケー。


ただし、グループや色調補正レイヤーとかは対応してません。

でもフィルター関係とかは使い放題!

↑トロンっぽく?エッジの光彩フィルター。

思うさま編集したらそのまま保存。

そして3D-coatにもどると…

ばっちり適用されてます!トロンぽいかどーかはさておきw

ちなみにCtrl+Alt+P(外部エディタで投影領域を編集)だと

3Dの見た目上で編集できます!

↑フィルタ>パッチワークしてみました。

他にもブラシやストリップのとこを右クリックして

外部エディタで編集…とやるとこれまたPhotoshopで編集できます。

お試しアレ!

● カラーパレットのインポート

3D-coatにパレットがありますが(ウィンドウ>ポップアップ>パレット)

Σ(´∀`;)

なにもそこまでw っていうくらいに肌色満載です。

たぶんみなさん使い慣れてるフォトショのパレットを使いたいですよね?

そんなときはPhotoshopでスウォッチから「スウォッチの保存」

これで.acoファイルってのが吐き出せます。

これを3D-coatのパレットのから読み込み

するとPhotoshopのスウォッチが読み込めます!

…が、自宅のフォトショのエレメントだと白黒グラデのとこで止まってるw

たぶん普通のPhotoshopだと全部読めたはずー(;´∀`)

●ブラシのインポート

パレット読み込みと似たとこでブラシもインポートできます。

これまたブラシのとこから「ブラシの保存」で

.abrのファイルを保存しましょー。

それを3D-coatのブラシパネルから「+」のマークを押して

さっきのABRファイルを読み込むと

ばっちりPhotoshopのブラシが読み込めます!

ただ、読み込んでるのはブラシ形状のみでPhotoshopでの細かい設定は移行できませんので注意。

とはいえPhotoshopのブラシならネットでたくさんフリーのものがゲットできるので素材の充実にはもってこいですね!

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。