アイロンツールの小ネタ

ペイントモードでアイロンのアイコンのツールありますよねー。

平坦化ツール…かな?これの小ネタです(マイクロ頂点モードを強くオススメ)

そのまま使うとシンプルに表面を平坦化しようとしますね。

ちょっと設定を変えるとZbrushのCrayブラシに似た感じになりますよ!

まず「平面モード」を「穴埋め」にして

「面押し出し」にちょっとだけ数値を入れます。

これでCrayブラシっぽいスカルプトが出来ます!

面押し出しの数値を変えてお好みにしましょー。

あとZbrushでは「Craytube」ブラシを使うひとも多いと思うので、そのやりかたも。

ブラシから四角いものをチョイス。

「ブラシ設定」から「動作の方向に沿って回転」にチェック。

これでCraytubeっぽい感じになります!

ZbrushのCray関係は表面の平均をとってそこから平坦な押し出しになるようにしてるので真似できるかな?とやってみました。

コツは押し出しの数値を少なめで、ポリゴン数(単位:百万)少なめにするのがいいでしょう。

とはいえCrayはラフの段階だけだと思うのでそうなるとボクセルのラピッドとかMudツールのほうが適任だし気持ちいいですw

あと、「平坦モード」を「切り取り」にしたときの削りっぷりが面の整えのとき便利!

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。