深度制限

E-パネルの中にある「深度制限」についてですー。


ブラシモードの選択、通称「E-パネル」の中に

「深度制限」ってパラメータがありますよね。

普通に使ってるぶんには分かりにくいパラメータですがボクセルではとても便利です!

例えば四角で囲むこれの場合

正面からCtrl押しながら削ると

ズボっと貫通しますねー。

んじゃなくて…単に凹みを作りたい時は?

そんな時に「深度制限」

チェックをつけてもういっかい。

制限かかってますね!

深度制限の数値はブラシの半径を目安にするといいでしょう。

↑正面から削ったのを上から見たとこ。

このへんのモードで削る場合に使えますー

削る以外にも「隠す」ツールでは特に便利!

ちなみにペイントモードでも「裏面を無視」をオフにしたとき使えますが

活用方法がちょっと思いつきません…(´ε`;)

広告
    • 匿名
    • 2011年 4月 14日

    役に立つ情報ありがとうございます。
    自分もHPで少し3D-Coatのことを書いてますが
    最近は増えてきてうれしい限りです。
    これからも頑張って下さいな。

    • 励ましありがとうございます!
      まだまだマイナーなソフトなので情報交換していきたいですねー。
      リトポまわりとかも記事にしていきたいです。

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。