3.5から3.7での新機能まとめ

公式ページの3.7新機能まとめページを訳してまとめてみました~。

3D-Coat 3.7

3.7は何が新しいの?

主な新機能

Applink接続プラグイン!

あなたの持っている他3Dモデリングソフトと3D-coatとの間でモデル変換に時間をとらせません。サポートソフトは3dsMax, Lightwave, Maya, Modo, Cinema 4D, Blender, ZBrush, Unity 3D, Softimage XSI, Houdini, Messiah, Cheetah 3D, Fusion, VoidWorld

インスタンスをサポート

新しい「インスタンス」ツールと「インポート」ツールの中に追加された新しいチェックボックスを確認してみましょう。この機能はメモリの消費なしに一個のモデルのコピーをいくつもシーンの中に置くことが出来ます。さらにビデオメモリの使用量もとても少ないのでビューポートでのレンダリングも早いです。これは建築物やメカ系モデリングやたまーに生き物(歯とかウロコ)などを作る時にとっても便利です。

新しいカットツール これは非常に正確なブーリアンを行うことが出来ます!

CGアーティストのFrancesco Maiによって作られた優れた例を見てください。

新しいブラシエンジン! 早く、スムースでさらに正確です!

(訳注:↑この例はどうなんだろうw)

各モードの新機能などはここからー。

ボクセルモード

  • ボクセルサーフェスモードが早くなりました。
  • ボクセルメッシュを書きだす時のシンプル化が進化しました。三角ポリゴンの品質も向上。

  • 新しいボクセルエクスポートオプション 「ファイル→エクスポート投影四角ポリゴン」 ボクセルエクスポートの時だけ、もうひとつの高品質四角ポリゴン出力
  • スケッチツールでリアルタイムプレビュー。ペイントしながらすぐさまボリュームの結果を見ることができます。

  • 移動&ポーズツールのオプションで見えてるモデル全てに対しての変形が可能になりました(「全ボリュームを対象」チェックボックスをお試しアレ)

  • ポーズツールで自由形状を使って変形出来るようになりました。

  • ラピッド2と泥2ブラシは元のラピッドと泥ブラシに比べてスムースでステキなバージョンのブラシです。これら新しいブラシは新しいクレイブラシと同じ仕組みをベースにしています。
  • シーンに新しいモデルをインポートする時に「ボクセル化せずに追加」オプションがつきました。これは直にサーフェスモードになりますがボクセルモードにするとボクセル化することが出来ます。
  • ボクセルレイヤーごとに別々の.3bファイルとしてセーブ出来ます。(子ツリーと一緒か別かも選べます)
  • ボクセルモードの「モデル」と「スプライン」のタブが進化しました。新しいモデルを追加したり、モデルや外部モデルをドラッグ&ドロップで追加したり、追加・削除・モデルやフォルダの名前の変更などが可能になりました。さらにスプラインを追加する時はとてもユーザーフレンドリーに。ドラッグ&ドロップするかボクセルツリーから右クリックメニューで出来ます。
  • 任意の解像度へボクセルを変更することが出来ます。お好みのポリゴン数を指定してメッシュ解像度を決められます。
  • 「表示部分を結合」と「サブツリーを結合」の新しいコマンドが右クリックメニューに追加されました。
  • ボクセルモードの押し出しツールが進化しました。これらはラインモード(サーフェス表面にスナップ)でさらに整ったストロークで描画できます。
  • ラピッド・ひっかく・泥 ブラシがさらに”粘土っぽく”調整されました。
  • 新しいブラシひっかき、泥、膨張
  • 新しいボクセル用ツール「複製」。これは切り取り複製に似てますがカットを省略します。
  • もし必要であれば表面だけをコピーできます。布やスタンプされたロゴや殻を作るのに超便利http://t.co/gjcmrwL つまりボクセルモードで表面に違った色やシェーダーをブレンドせずにペイントできるということです。http://t.co/WcbU470
  • 3~4点から成る平面・サーフェスの上にペイントや彫刻が可能になりました。

ペイントモード

  • ピクセルペイントモード、マイクロ頂点モード、Ptexモードでのペイントが高速化しました。
  • 2つの強力なツールがペイントルームに追加されました(レイヤーメニュー)。「レイヤーの深度を抑制」と「チャンネルのコピー」です。これらはフリーズの影響を受けます。チャンネルのコピーはどんなチャンネルでもコピーが可能になります(R,G,Bそれぞれや輝度、透明度、スペキュラ、深度)これらを同じ、あるいは他レイヤのチャンネルなどへとコピーできます。フリーズでマスクしながらコピーもね。
  • 新しいオプションで「インポート→モデルだけインポート」がペイントルームにつきました。これはレイヤーを保持したまま他ソフトで変更したポリゴンモデルに置き換えることが出来ます。インポートされたモデルはトポロジーが変わりますがUVの配置は保持しておくべきでしょう。これはピクセルペイントのみで使用できます。
  • Photoshopからの投影ペイントがちょっと進化。モデルの内側から投影で編集できます(例えばスカイボックスなどで使えるかな?)
  • 全てのレイヤー合成モードがPhotoshopと正確に同じになりました。
  • テクスチャ生成ツールが進化
  • Ptexモードに重要な新機能「一つのテクスチャにフィット(Fit in one texture)」が導入されました。
  • ブラシのアルファにmipマップがつきました。これはマジでイイ感じのストローク品質をもたらします。特にコントラストの高いアルファにとっていい結果が出ています。古いスタイルはノイズが多すぎですが、新しいスタイルはフォトショのようにスムースです。

  • Photoshopから戻ってきた時に投影した結果がモデルのエッジでフェードアウトするのがさらに良くなりました。例→ http://bit.ly/fqs2I6
  • マテリアルとマスクへ直にペイントすることが可能になりました。http://bit.ly/oY8ojw
  • 更新されたOBJファイルがサポートされました。カラー、スペキュラ、法線、ディスプレスメントを含んでインポートできます。これらについて説明されたドキュメント→ http://bit.ly/gUUi45
  • ひとつのオブジェクトでまたがったペイントが可能。例えば片面でストロークを開始(あるいは終了)
  • 「チャンネルをコピー」コマンドがレイヤーの右クリックメニューに追加
  • 新しいブラシ設定「ストロークごとにカラー変化」を追加。これは毛のようなテクスチャを描くのにいいかも。
  • ペイントモードとボクセルサーフェスモードでブラシエンジンを選ぶことができます。新しいほうはスムースなストローク結果と交差した時の感じがフォトショに似た感じにすることが出来ます。ブラシアルファを厳密に反映させたい場合は古い方(とはいえ改良済)が使えます(けど厳密な自己交差)(訳注:なんか強調してるなあw)
  • 色相、彩度、明度ジッターがブラシ設定パネルに追加されました。
  • ピクセルペイントでの深度ペインティングの品質がとても向上。非常にスムースで正確です。
  • 外部画像編集ソフト(たぶんフォトショとか)と連携しての投影がすごくよくなりました。モデルのエッジでのフェードアウトが正確に。インポートされた画像がさらに正確に。もし必要であれば投影を裏面にまで貫通して反映させることができます。
  • 全てのツールがそれぞれのブラシ・アルファを記憶します。これは環境設定でオフにすることも出来ます。
  • ピクセルペイントへの読み込みや、テクスチャ解像度を変更、UVの適用、塗りつぶしツールなどがマルチコア対応で非常に高速です。

リトポ&UVモード

  • 自動リトポが進化
  • 自動UVマップが進化
  • リトポで複製機能がつきました。選択モード(面)でメッシュの一部を複製することができます。
  • リトポメッシュの全体もしくは選択された一部を新しい変形ツールで変形させることがリトポルームで可能になりました。
  • 「ローカル空間へ」ボタンを押すと、変形ギズモが選択した要素へ自動的に軸が合うようになりました。これはとても賢く軸直しをしてくれます。
  • UVの頂点数をリトポルームで確認できます。これはゲームモデルで便利な機能ですね。
  • 複数のUVセットをリトポルームで管理できます。
  • リトポツールで「見えている面だけベイク」をすることが可能になりました。
  • UVツールの中でコピー&ペーストが可能になりました。これはUVのリピートや左右対称でUVが重なっている時に便利でしょう。

その他の変更点

  • UIが改善。あまり使わない機能は折りたたむことがほとんどUI要素で可能になりました。http://t.co/4Uimmq6h (「カスタマイズ」ボタンに注目)
  • 新しいユーザーフレンドリーな3D-coatの素材共有方法が出来ました。http://bit.ly/iEndgn ブラシ・ストリップ・マテリアル・マスク・シェーダー・ナビゲーションを簡単に拡張パック(3dcpack)にすることが出来ます。
  • もしSHIFTと左クリックが押されたあとにSHIFTを離したとしても左クリックはSHIFTを押した時と同じように動作します。
  • 画像をドラッグ&ドロップする時に背景画像に適用することもできます。
  • 3D-coatは.3bファイルをセーブする時に新しくjpegのプレビュー画像を作成します。3Bファイルを開く時に画像をダブルクリックしても3Bファイルを開くことができます。
  • 対称パネルに「対称平面を固定」チェックボックスを追加しました。TABキーで対称平面を思わず動かしてしまわないようにするためです。なもんでALT+TAB操作がTABを押した時の対称平面の移動と競合しないように出来ます。
  • グレースケールの画像をEパネルから呼び出して輪郭に使うことが出来ます(「形状を読み込む」ボタンで)
  • EPSファイルフォーマットをEパネルで読み込み使うことが出来ます。
  • 任意のレイヤー以外の表示・非表示をレイヤーの目アイコンをALTクリックすることで切り替えることが出来ます。リトポ、オブジェクト、オブジェクトマテリアル、ボクセル、ペイントレイヤーで可能です。
  • ZbrushファンのためにZbrushみたいなカメラナビゲーションのプリセットを作ったよ。
  • カメラを回すときにSHIFTで軸に合わせたスナップが可能になりました。
  • 3D-coatはタブレットの筆圧感度レベルを自動的に感知します。
  • ありとあらゆるところをスピードアップ。
  • たくさんのバグフィックスと安定性を増しました。

さらに詳細の変更リストをここで確認できます。

広告
  1. 3dcoat 初心者です。お客様からペイントモードで完成されたモデルを預かっているのですが、これをプリントするために形状に変形させたいのですが、どうすれば良いのでしょうか?
    お仕事としてやっていただけませんでしょうか?私はzbrush はある程度触れるので、obj で書き出してzに読み込みましたが、マップに変換されていて3dcoat での画面のようになってくれません。インデイゾーンにも問い合わせたのですが、、
    お返事お待ちしております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。