リトポツールの紹介(そのいち)

最強との呼び声も高い3D-Coatのリトポツールについてジワジワ紹介していくよ!

 

まずはこちらの動画を1分ほどご覧下さい。

どうでしょう、便利そうですよね?

今回はリトポのオススメツールをピックアップしてざっくり説明していきますねー。


リトポをするモデルのインポートについては

自動リトポの最初と一緒なので参考にしてみてくださいー。

image

インポートしたら、ルーム切り替えのタブから「リトポ」のトコ選びましょー

image


「点と面」ツール

image

個人的に大好きなツールです!

ツールを選んだらポンポンポンポンと四角くなる感じで点を打っていきましょう

image

そしてマウスをかざすと水色の線がプレビューされますね

image

この状態で右クリックすると

image

面が貼られますね!

点をいっぱい置いてからバシバシ面を貼っていけるのが気持ちいいーです

image

ちなみに水色の点は右マウスボタンドラッグで調整できます。

image

(既に貼った面の頂点も右ドラッグで動かせます)

また、水色の点を消す時はマウスをかざして「Del」キーです。

 


「四角形」ツール

image

ツールを選ぶと上部パネルに「辺を押し出す方法」が表示されます。

image

デフォの「2クリック」は正直めんどうなので「平行」とか「直接」がオススメ!

んでもって既に貼られた面の辺をクリックして

image

にょーっと伸ばすと面が伸びていきますね!

image

さらにクリックして面を作った後も面が伸ばせるので

imageimage

どんどん面が貼って行けますね!

ちなみに伸ばしてる辺の長さを変えたい場合は右マウスボタンをドラッグ

image


「ストローク」ツール

image

フリーハンドで線を書いてって面を貼ることが出来る!

面の上に「井」みたいな感じになるようにザクザク書いてみましょう。

image

んでもって「Enter」を押すと

image

囲まれたとこに面完成!

既に貼られた面に繋げるように書いてもOK

imageimage

フリーハンドが苦手な人はCtrlを押しながらポンポン押して

image

滑らかな線が描けますよー

線を消したい時は「ESC」キーを押すといいですよ。

また、こういう細長いものなら

image

横切るように描くと

image

切断面のようにグルっと一周した線が描けます。

これをいくつか描いて…

image

繋げるように線を描いて

image

「Enter」でポリゴン作成!

image

円柱の細かさはEnter押す前に上部パネルの「セグメント数」で指定できます。

image

image

ちなみに円柱状でなくても、丸を2個以上描いて繋げて

image

Enter押してもポリゴンできます( ´∀`)

image

いやあ、素晴らしいですね!

 

次回はリトポのツールを地味にいっこいっこ紹介していきますね。

広告
  1. うおお、四角形に「平行」とか「直接」なんていう項目があったのか、気づかなかった
    ずっと2クリックでやってた

    • 2クリックは直にいけるものの、ちょっと面倒ですよね。
      平行とかで幅を右ドラッグで調整しながらだと超サクサクですよ!

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。